錠剤外観検査機 VIM+T

錠剤用製剤機械

錠剤外観検査機

VIM+T

最先端の光学を搭載し、表面・側面、裏面・側面を同一カメラで撮影することで、エッジを含めた全面の検査が可能な外観検査機です。

錠剤外観検査機 VIM+T

製品特徴

  • 斜め4方向と直交方向からの撮像により、さらなる高精度を求めたモデルです。
  • 専用の画像処理ボードとオリジナルの開発ソフトを搭載することで、より正確で高速な処理を実現しました。
  • 接薬部品は、工具レスで脱着可能です。(一部を除く)
  • 取付ミスの無いよう、適正な場所以外は取付け不可能です。
  • 撮り込んだ画像で、検査シミュレーションも可能です。

製品仕様

主な仕様は下記の通りです。

左右にスワイプして
ご覧ください。

Scroll
型式 VIM+T
検査部 適応製剤 種類 素錠、FC錠、糖衣錠、異形錠(対称形状)
寸法
丸錠
径5~13㎜、厚み2~8㎜
異形錠
長径5~22㎜、短径5~13㎜、厚み2~8㎜
※適応範囲外及び、錠剤の形状により別途協議とさせて頂く場合があります
処理能力 最大 250,000錠/時(φ7㎜丸錠目安)
※錠剤の種類や大きさ・形状により異なります
検査項目 異物、汚れ、繊維、割れ、欠け、寸法違い
検査精度 黒点異物は表面・側面 50㎛以上
貫通欠け 0.5㎜以上(不貫通欠け:外周より1.0㎜以上、深さ0.5㎜以上)
寸法違い 0.5㎜以上
※錠剤の形状や色合いによりその精度が異なる場合がありますので詳細は別途協議とします
検査方法 斜め4方向撮像(1st Stage)直交方向撮像(2nd Stage)
カメラ 外観検査
1st Stage
モノクロラインセンサカメラ 4台
2nd Stage
カラーラインセンサカメラ 2台
照明装置 LED照明
検査PC 専用の高速画像処理ボード、オリジナル開発ソフト搭載
搬送部 装置寸法 本体 幅1,740㎜×奥行950㎜×高さ1,700㎜(ホッパー除く)
錠剤供給高さ
1,730㎜(ホッパー高さ)
良品排出高さ
 700㎜
PCラック 幅600㎜×奥行600㎜×高さ1,900㎜
重量 本体 約1,750㎏
PCラック 約280㎏
電源 3相 200V±10% 50/60㎐ 40A(13.9KVA)(ブロワ内蔵)
圧空 0.5MPa 0.3㎥/min

関連製品

お問い合わせ・資料ダウンロード

カプセル、機械に関するお問い合わせや資料ダウンロードは下記リンク先をご覧ください。